瀬戸の太陽

grmay6.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 13日

巨峰会研修 23.10.27-28

d0116653_14215982.jpg

ぶどう農家にとっては、今頃が一番の農閑期でしょう。もうしばらくすると、霜で強制落葉され、その後は剪定や棚の修理等の冬季作業が待っています。
写真は、巨峰会の研修で鳥取から島根を訪ねたときのものです。バスで中国道から米子道に入り、湯原ICで降り、313号線で日本海を望む9号線に出て今度は島根方向に西進します。この付近は日本海からの季節風が強く、海岸線の松も風で斜めに倒れています。風力発電の風車を車中から撮りました。

d0116653_14221291.jpg

2件のぶどう農家を研修し、宿泊は米子の皆生温泉。久しぶりの温泉です。この研修は、ぶどう農家の慰労を兼ねているようでした。ホテルから見た大山です。

d0116653_142224100.jpg

2日目は、島根県出雲市にある農業技術センターでぶどうのシャインマスカットとクイーンニーナについての研修です。島根県も果樹栽培は盛んで技術研究も進んでいます。

d0116653_1422393.jpg

技術センターからさほど遠くない場所に出雲大社があり、ここも立ち寄り先になっていました。
長さ13m、重さ4.5tの日本一の大注連縄のある神楽殿は立派でした。

d0116653_14225522.jpg

神話の国らしい像がありました。いなばの白兎を助けた大国主大神です。

d0116653_1423147.jpg

出雲大社は平成の御遷宮とやらで、祭神の大国主大神様は御仮殿におられるといいうことのようです。

d0116653_14233450.jpg

縁結びで有名ですから、おみくじや絵馬も多いのかな?

d0116653_14235744.jpg

面白い形になりましたね。

d0116653_14241049.jpg

縁結びの神社らしい写真が撮れました。

d0116653_14242343.jpg

ここの注連飾りは、一般的な注連飾りと逆になっているそうです。お賽銭を、下から投げ入れられないようにネットが掛けてあります。日本人は何にでもお供えするのが好きですねえ。

d0116653_14243420.jpg

こちらに向かってくる4人と、二人並んでパチリの対比が面白いですね。
[PR]

by grmay6 | 2011-11-13 15:57


<< 日積探訪 23.10.29      柿狩りオープン 23.10.1... >>