2012年 11月 24日

ぶどうの苦難 10.2-10

d0116653_2102540.jpg

ぶどうの目標糖度に到達しない木を切って、植え替えることにしました。
合わせて栽培4品種のバランスをとることにし、別の不足している品種を植えます。

d0116653_20595868.jpg

クビアカスカシバという害虫の被害です。虫を退治して、虫に食われた箇所をきれいにしました。なんとか回復して欲しいです。

d0116653_211881.jpg

今年初めて白紋羽病が発生しました。地際の部分が白くボロボロに成っています。

d0116653_2111823.jpg

地面を掘って根を露出させて、病気に侵された根の皮を剥いでから薬を散布します。

d0116653_2112772.jpg

根を埋め戻しながら、土も消毒します。けっこう大変な作業です。
[PR]

# by grmay6 | 2012-11-24 21:14
2012年 10月 27日

まめ 24.9.23-27

d0116653_1525268.jpg

ぶどう狩りが終了し、現在は柿狩りののぼり旗を出しています。ぶどうの収穫後の手入れも一段落して、やっとゆとりが出てきました。

ただ、webコースなる講座を受講しており、パソコン作業はこちらに時間がかかります。内容は、html記述によるホームページ作成のためイラストレーター、フォトショップ、ドリームウェーバ

ー、プレミアプロを習っています。もともと少ない記憶力ですから、なかなか覚えられません。しばらくは大変です。

前回のぶどうの着色の件を補足しておきたいと思います。ぶどうは通常完熟してくると黒系のぶどうは黒く、赤系のぶどうは赤く、青系のぶどうは黄色くなります。黒系のぶどうの着色がワイン色で止

まってしまうのは着色不良で、これを赤熟れと呼んだりします。また、ぶどうの着色と糖度は正の相関関係がありますから、ぶどうを選ぶ時の目安とします。

ぶれぶれの写真は、孫がくわえたおやつ(犬のガム)をせんが奪い取る瞬間です。

d0116653_15253663.jpg

ポメラリアンのお嬢さんが来園しました。
まめにとって初めて会うポメのお嬢さんでした。

d0116653_1526374.jpg

どうもまめが、ぎこちないようです。そっぽを向かれてしまいました。

d0116653_15262283.jpg

ありゃりゃ、まめ頑張れ!

d0116653_15264811.jpg

ほったらかしで草ぼうぼうの柿畑の草刈りをしました。次は左右の草が背丈以上に伸びた部分を刈り払い機で刈って行きます。

d0116653_1527350.jpg

巨大むかごです。多分、根よりむかごが大きくなる種類かも知れません。採ってきたのは、知人のきのこ博士です。
[PR]

# by grmay6 | 2012-10-27 16:04
2012年 09月 24日

9月の写真 9.2-21

d0116653_1357045.jpg

9月1日にオープンした観光ぶどう園も終盤です。ぶどう狩りは、9月30日で終了することにしました。手伝いの娘なども帰りますので、その後は私一人で、ぶどうが残っているようであれば販売のみということになります。
写真は、防風ネットに写り込んだぶどうの枝葉の影が面白かったので撮ったものです。

d0116653_13571282.jpg

今年のぶどうの生育は順調でした。
しかしながら、夏場の気温が高い日が続き、昼夜の温度差が少なかったため、ぶどうの着色が遅れました。同じ木になっているぶどうですが、左の2房が着色不足です。このぶどうは、まだましな方で、もっと着色が悪い房も多くありました。来年に向けての課題です。

d0116653_13572445.jpg

夜、机の足下で直角になって豆が寝ています。

d0116653_13573877.jpg

大切なぶどうの木を害虫のクビアカスカシバに食害されました。今シーズン、3本の木が被害にあっています。地際の部分を食害されると木が弱るか枯れてしまいます。

d0116653_13575945.jpg

ぶどう狩りに来た子供と孫娘です。

d0116653_1358950.jpg

ヤモリは蛾などを食べにやってきます。

d0116653_13582250.jpg

猛烈な台風16号の北上に備え、ぶどう狩り用に準備していた房を収穫しました。台風は西側を通貨しましたが暴風圏には入らずにすみ、ぶどうの被害もほとんどありませんでした。結果的には、ぶどうの収穫は不要でした。次回の台風接近時の参考にします。

d0116653_13583532.jpg

せんとまめは、ぶどう狩りのオープン中は繋がれます。犬の苦手なお客さんもいらっしゃるので仕方ありません。

d0116653_13585387.jpg

21日にちょっと出かける機会がありましたので、ちょっと寄り道して棚田の写真を撮りました。残念ながらもう稲刈りが済んでおり黄金色の棚田は撮れずじまいでした。

d0116653_1359429.jpg

こちらの棚田では稲刈り中でした。なんと稲刈りをしていた人は顔見知りでした。

d0116653_13591460.jpg

ぶどうの販売所です。販売所に改装できる家があってラッキーでした。
[PR]

# by grmay6 | 2012-09-24 15:20
2012年 08月 28日

天山 8.19-26

d0116653_23323116.jpg

まだ8月16日だというのに棚田は色付いて来ています。早いですね、今月下旬になると早場米は稲刈りだそうです。

d0116653_23325052.jpg

夜にカブトムシのメスがやってきました。スイカの切れ端を食べています。

d0116653_233322.jpg

ぶどう園に作っている最中の休憩棚は、この天山という一粒が40gになろうかというぶどうで日陰を作ります。なかなか立派なぶどうです。

d0116653_2333157.jpg

いつも野菜を持ってきてくれる近所の方にこの日はかぼちゃをいただきました。模様からちりめんかぼちゃという名のかぼちゃが空中に何個も浮いていました。

d0116653_23332799.jpg

イラストレーターでロゴマークを作ったので、早速のぼり旗も作りました。観光ぶどう園をオープンしている間立てて置きます。
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-28 23:45
2012年 08月 14日

8月上旬の写真 7.31-8.12

d0116653_22461157.jpg

私がデジカメを趣味にしてブログもこれまで継続している原点は、「お散歩デジカメ」のメンバーになったことにあります。その当初からのメンバーで何回も撮影会でご一緒し懇意にしていたmimiさんが亡くなられたことを師匠のメルマガで知りました。福岡美術館の写真展でお会いしましょうとメールした際に末期癌のことをお聞きしていました。その後もブログで何回か行き来していたのですが、私がブドウの作業で手一杯になりブログから遠ざかっていたため思いがけぬ知らせとなりました。9月になるとブドウの収穫が始まりますので、お見舞いに送る予定でしたが・・残念です。

写真は元気に育っている、8月2日のつばめの雛達です。前回の写真は7月20日ですから早いですね。

d0116653_2247553.jpg

8月に入ってもブドウの作業は続いています。今年は昨年と比べると順調です。後は台風が来ないことを祈るだけです。ブドウ園のオープンは9月1日予定としました。これからはオープンに向けた作業も進めなければなりません。この看板もカビで見にくくなりましたので手直しします。

d0116653_22472361.jpg

最初のツバメの雛達の件がありますので、今回はびくびくものでした。暑い盛りでしたので、雛達もぐったりしている時があります。そんな時は、また餌を食べなくなったらととても心配でした。でも頑張って育ってくれました。左の一羽も雛です。8月2日の写真ですが、巣から飛び立ったようです。

d0116653_22473712.jpg

私のブドウ園では4種類のブドウを育てています。いわゆるマスカット系の青葡萄は、この瀬戸ジャイアンツを育てています。瀬戸ジャイアンツは苗木を植えつけて、4~5年経てばようやくこの品種本来の特徴である独特な粒の形がはっきりしてきます。私の瀬戸ジャイアンツは4年目なので、期待していたのですが、昨年までよりはいい感じです。(一本枯らしたのが悔やまれます。)

d0116653_22475133.jpg

ツバメの雛達は8月4日に、無事巣立っていきました。写真ではまだ1羽巣に残っていますが、夕方には5羽ともいなくなりました。最後の1羽は今日中は無理かと思っていましたが、頑張りました。

d0116653_22485338.jpg

私のブドウ園の隣でブドウ栽培をしている友達とソーメン流しの道具を作って、ソーメン流しをしました。汁を入れる器から箸まで竹を使って作りました。水は井戸水ですから冷たくソーメン流しにはもってこいです。楽しい昼食になりました。

d0116653_2249828.jpg

妻の姉の孫娘は、犬が苦手で来た当初からキャアキャアと逃げ回っていました。ところが帰る頃にはまめを抱いて離しません。犬が好きになってよかったですね。

d0116653_22492538.jpg

手直しした看板を設置し直しました。文字の周囲は削ったので、少し立体的な文字になりました。

d0116653_22493798.jpg

ブドウ園から一番近いところの大きな交差点(といっても県道で信号機もありません。)に、念願の看板を設置しました。昨年のうちに立てさせてもらうことで了解していただいていたのですが、ようやく実現しました。

d0116653_22495034.jpg

イラストレーターを習う機会を得たおかげで、オリジナルのロゴを作ることができとてもラッキーでした。
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-14 23:42
2012年 08月 07日

7月下旬 7.20-29

d0116653_22492042.jpg

ツバメが、また子育てを始めました。

d0116653_22493255.jpg

ブドウ園内のひまわり。時期が来ると沢山の花が咲き始めます。

d0116653_22494810.jpg

摘房したブドウでワインを作ることにしました。熟す前のブドウですが、ちゃんと発酵を始めました。

d0116653_2249572.jpg

県道交差点に設置予定の看板が届きましたが、大きなミスをしました。イラストレーターを習って作成したロゴマークは真円で作ったのですが、届いた看板のロゴは縦長になっています。調べた結果、原因はパソコンのディスプレーがワイド型だったためでした。画面上では真円なのです。気がつきませんでした。

d0116653_22501049.jpg

なんて名前の蝶でしょうか?アサギマダラとは違うようですが・・

d0116653_22502837.jpg

逆さまにして置いていた大きなポリ容器に止まっていました。花でなかったのが残念でした。

d0116653_22545846.jpg

黄色のコスモスが咲いていました。黄色のコスモスはあまり見かけないなと思いながら撮りました。

d0116653_23554545.jpg

棚田です。すっかり緑のじゅうたんになっていました。

d0116653_22553198.jpg

栗の実が手前側にありましたので取り込みました。

d0116653_22555172.jpg

柳井市のマンホールの蓋です。白壁の町並みがデザインされています。

d0116653_2256664.jpg

枯れた瀬戸ジャイアンツを切りました。残念です。

d0116653_2356893.jpg

4~5年したら本来の形状をした房がつくようになるという4年目でしたので、ひときわ残念ですが人生こんなもんなんでしょう。
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-07 00:01
2012年 08月 05日

7月の写真 7.1-18

d0116653_21232050.jpg

ブドウ園は8月に入って台風の風の易経もなく、雨のない暑い毎日が続いています。
ブドウにはいいのですが、さすがに暑く大汗をかいています。

写真はようやく一ヶ月の遅れまできました。ブドウの成長を見るのはとても嬉しいことです。

hakutouさん、草生栽培は草に土作りをしてもらう栽培方法で、草の根で耕してもらい草を刈ることで緑肥とする栽培法です。

d0116653_21234359.jpg

まめは暑いので毛をカットしました。がたがたですが、勘弁してもらいましょう。

d0116653_21235976.jpg

5日、防府市にある山口県の農業大学校です。なんとトイレは牛さんです。建物の後ろには尻尾があります。
地元日積のブドウ農家の研修でお邪魔しました。

d0116653_21242443.jpg

7日は、巨峰会のブドウ農家を巡る研修です。皆さんとても熱心です。
ブドウ園は田舎の片隅にあることが多く、なかなか目的地に到着できません。今回もかなり迷ってしまいました。

d0116653_21245258.jpg

まめは足元で寝ています。

d0116653_2125971.jpg

ツバメが元気です。

d0116653_22282298.jpg

ブドウ園には毎年ひまわりが咲きます。3種類ほどあるようです。

d0116653_22283576.jpg

ブラックビートの最終摘房したブドウです。色付き始めています。
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-05 22:33
2012年 08月 04日

4月後半 4.15-29

d0116653_21454444.jpg

6月の写真はツバメで終わりです。
なお、次のツバメの雛は今日最後の5羽目が無事巣立ちました。

で、写真は4月後半分を忘れてましたので、順番がばらばらですがアップします。
私のブドウ園は草生栽培です。これまでライ麦を撒いていましたが、今回はキカラシというアブラナ科の種を撒きました。普通の菜種などより花が遅かったですね。

d0116653_2146713.jpg

春はタンポポがブドウ園一面に咲きます。花の総苞片(つぼみを包んでいた葉のこと)が外側に反り返っていたら西洋タンポポだということなので、ここのタンポポは日本タンポポのようです。

d0116653_21462781.jpg

4月21日に友人の息子さんの結婚式がありました。私は写真係りとして参列しました。
若い二人の結婚式、素敵でしたよ。

d0116653_21464773.jpg

23日のブドウ園、新芽が伸び始めてわくわくする頃です。

d0116653_21471127.jpg

タケノコとの勝負には終わりがありません。

d0116653_21473269.jpg

我が家の住人のようなもの、ヤモリです。

d0116653_2147447.jpg

ツバメのお気に入りのようですが、部屋の中には巣作りさせられません。

d0116653_2147587.jpg

29日、タンポポも終わりです。
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-04 22:25
2012年 08月 03日

6月の写真 6.18-24

d0116653_21321342.jpg

暑い毎日が続いています。ブドウのためにはいいのですが、さすがに昼間に作業はできませんね。
6月は、ブドウの記録写真の他はツバメの写真だけしか撮っていません。

ツバメの雛達は、なんと原因不明ですが餌を食べようとしなくなったのです。親ツバメは餌を運んでいるようですが、反応しません。5羽とも尾っぽを向けて動きません。半日ほど様子を見ていましたが、全然だめです。

そこで、親ツバメがいない隙に、後ろ向きの雛達を前向きに置き換えて様子を見ましたが、やはり親ツバメが来ても餌をねだることなくぐったりしたままです。

全く様子に変化が見られないので、一時的に保護して強制的に餌を与え、夜のうちに巣に戻して翌日に元の状態に帰ることを期待しました。結果的にはダメで、親から餌をもらうことなくお尻を向けたまま動きません。仕方ないので、完全に保護することを決意しました。

餌や育て方をネットで検索し、行きつけの動物病院のアドバイスをもらいましたが、結果的に試行錯誤で強制的に餌を与えることにしました。いろいろな餌を探して与えましたが、ドッグフードをふやかしたものとミールワーム(ペットショップで購入)そして捕まえたバッタが主食となりました。

最初は、すぐに死ぬかもしれないと思って写真も撮っていなかったのですが、何とか生きていますのでひょっとすると育ちそうだと思えてきたので撮った写真です。重なっていますが5羽います。

d0116653_21323026.jpg

ツバメの雛を保護したのが6月15日、1枚目の写真が18日です。そして18日の午後になんとツバ太郎が巣立っていきました。前日に飛んだので巣立ちは近いと思っていたのですが、あっという間でした。写真は残った4羽です。

d0116653_21324291.jpg

20日になると次郎三郎の2羽が巣立ちました。写真は残った四郎五郎の2羽です。
臨時の鳥小屋はダンボールです。壁から巣を剥がしてダンボールの中に取り付けました。やはり巣の方が落ち着くようです。

d0116653_21325219.jpg

20日の夕方四郎がいなくなっていました。残りは末っ子の五郎だけです。ツバメは飛ぶ練習を始めた翌日には巣立つようです。

d0116653_2133363.jpg

21日朝五郎の写真です。昨日飛ぶ練習をしましたので、今日中には巣立つでしょう。事実無事巣立ってくれました。巣箱のダンボールを、元々の巣の下の方において、親や他のツバメの近くに置いたのがスムーズな巣立ちにつながったようです。

d0116653_2133169.jpg

24日新しく作りかけている巣に巣立ったばかりと思われるツバメがちゃっかり納まっています。四郎と五郎かなと思います。世話をかけた分、元気に育って欲しいと思っています。
忙しい最中にツバメ騒ぎでしたが、5羽とも巣立ってくれたのでよしとしましょう。(今回の経験から、同じようにしてやれば昨年の雛も死なさずにすんだのにという思いがありますが残念です。)
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-03 22:22
2012年 08月 02日

5月の写真2 5.13-29

d0116653_2385050.jpg

とりあえず7月分まで連続でアップします。写真をあまり撮っていないのですぐです。

ばばさん、ブドウの白い粉は新鮮の証ですよ。
「白い粉は、果実に含まれる脂質から作られたろうが表面に出てきたものだよ。ブルームとか果粉とか呼ばれていて、ブドウの病気を予防し、鮮度を保つ働きがあるのさ。果実の表面のブルームは、雨や朝露などの水分をはじいて、果実の病気を防いでくれるんだ。また、果実から水分が蒸発するのを防ぎ、新鮮さを保つ働きもあるよ。」JA福岡の資料

写真は萩に行った際に夕焼けを撮ろうと思ったのですが、雲が多くてだめでした。その時の写真です。ヨットのマストです。

d0116653_2394026.jpg

5月21日は金環日食(ここでは90%くらいまで)でした。ブドウ園は曇っていたのであきらめていたのですが、うす曇で雲を透かして見ることが出来ました。
天文写真などは、専門器材がないときれいな写真は無理なのであきらめ、なんとか絵作りできないかと撮ってみました。

d0116653_23101344.jpg

ブドウ園のある山口県柳井市日積(ひづみ)は、中山間地域で高齢化率が46%くらいです。私もここでは若手です。
美しい棚田も未耕作地が増えています。ここと次の2箇所が見事で機会を見て撮影しようと思っています。

d0116653_23103331.jpg

棚田は両方とも遠くありません。一枚目の方は未耕作地となっているところもあります。そのうち棚田再生にも取り組んで見たいと思っています。

d0116653_23105298.jpg

昨年はツバメが子育てを失敗しました。へびも出現したので今年は妻が嫌がっていたのですが、ツバメの根気に負けました。卵は常に5個産みます。

d0116653_2311760.jpg

キューイフルーツの花です。きれいですね。

d0116653_23113163.jpg

せんは左の目を傷めていたのですが、ようやく直りました。
ブログとホームページの更新を急ぎますので、ご訪問は今しばらくご猶予をお願いします。
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-02 23:55
2012年 08月 01日

5月の写真 5.3-29

d0116653_2291216.jpg

一月ぶりの更新になりました。連続したブドウの作業も、袋掛け、ビニール外しが終わり、現在は誘引と摘心の作業に追われています。
ブドウの生育は順調です。写真はブラックビート、色付きのいい早生の品種です。(写真は7月29日撮影のものです。)
ブログとHPの更新も待ったなしなので頑張ります。

d0116653_2216497.jpg

5月の写真を2回に渡ってアップします。
5月3日、新緑の三ヶ岳をビニール越しに。毎日見ている山です。

d0116653_22162796.jpg

ブドウ園の古い家のリビングルームはせんとまめも入室OKとしています。パソコンをしている足下で気軽な身分のまめです。

d0116653_22164768.jpg

この部屋にツバメが巣を作りたいようです。がここはだめです。器用に壁の横板に止まっています。

d0116653_22171280.jpg

5月5日、柳井市の白壁通りに知合いになったプロカメラマンの写真を見に行きました。途中、金魚ちょうちんの飾りのあるみやげ物屋での一枚です。

d0116653_22173773.jpg

ブドウの木(瀬戸ジャイアンツ)が虫の被害で瀕死の状態になっていました。うかつでした。
地ぎわの幹の周囲が食べられてなくなっています。真ん中に虫の入った大きな穴が開いていました。

d0116653_22182089.jpg

ブドウ園周囲の不要な竹を切っています。竹の切り株に泰然自若としたアマガエルがいました。前後左右から写真をとっても動じません。

d0116653_22183978.jpg

木の幹から葉っぱだけが出ていました。なんとか写真にならないかと撮ったのですが・・
[PR]

# by grmay6 | 2012-08-01 23:09
2012年 07月 01日

近況報告 24.7.1

d0116653_21542429.jpg

ご無沙汰しています。6月はブログはパスしました。とりあえず、近況報告します。

5月下旬から7月中旬までの頃が、ブドウに一番手間がかかる時です。花穂整形(ぶどうの花が咲く前に不要な部分を取り除きます。)、種無し処理、摘粒(ブドウの粒を整理して整えます。)、袋掛けなどなどの作業が集中します。

それぞれの作業は、全てのブドウの房に行わなくてはならないため、他の果樹栽培と違って大変手間がかかります。特に摘粒は他の果樹にない手間暇のかかる作業です。

更に、地域に建設される都市農村交流施設に関する協力(特にそば打ち教室とフォトコンの企画)、これに関連してWEB講座の受講を始めました。イラストレーター、フォトショップ、ホームページ作成、動画編集などを習っています。

今は、正しいお百姓さんをしており、5時20分起きで作業開始、夕刻は暗くなるまでぶどうの作業に追われています。7月中旬までには袋掛けまで終了できるでしょう。そうしたら一息つけますので、ブログの更新もできると思っています。今しばらく失礼します。
[PR]

# by grmay6 | 2012-07-01 22:23
2012年 05月 28日

4月桜の頃 24.4.1-12

d0116653_14361394.jpg

今日は5月28日初夏の天気です。ぶどう棚の下で、ぶどうの枝の振分け・房作りをしています。ビニールの下は暑くすっかり日に焼けて黒くなりました。この時期から7月中旬まで大事な作業が続きます。今朝から日課を改め、早朝作業、昼休みを長くしPC作業、その後作業再開、入浴夕食、10時過ぎには就寝としました。

ブログの方は4月分を2回に分けてアップすることにしました。その1枚目はぶどう園をこの時期彩る水仙の花です。

d0116653_14364295.jpg

4月2日、狂犬病の予防注射に行きました。散歩だと喜んで行った先で注射が待っているとは知らず元気です。昨年はこのあたりの桜がきれいでしたが、今年は遅れました。

d0116653_14365881.jpg

ブラックビートの後にゴルビーを植えました。元気に育って欲しいものです。

d0116653_14491025.jpg

4月3日は爆弾低気圧で大変な目に合いました。ブドウ畑の隣の竹も3~4本倒れました。

d0116653_14493155.jpg

今回の被害箇所は、棚の上部ビニールを張ってある天井部分の支柱との接点がやられました。針金を直し、この後穴を塞いで行きます。数が多いので大変です。

d0116653_14495210.jpg

4月9日に二人目の孫(男の子)の写真をスタジオに撮りに行くというので同行しました。
帰りに弁当を買ってお花見することにしました。岩国市は錦帯橋の桜が有名ですが、お花見は混雑するのでこちらの長山公園が穴場です。

d0116653_1450687.jpg

中央に池が作ってあり、噴水が涼しげです。現役の頃の花見では、若い連中が錦帯橋の上手にある橋からダイビングしたり、ここでは池を泳ぐのが一興でした。ばかだねえ。

d0116653_14502339.jpg

せっかくなので、写真を撮りに錦帯橋に寄り道しました。南側からの写真です。

d0116653_14503859.jpg

北側からの写真、橋のアーチの向こうに見える川原が駐車場になっています。

d0116653_14505488.jpg

足の長い人だなと思いパチリ、この男の子も将来は長くなるのでしょう。

d0116653_145199.jpg

この桜は翌日ぶどう園の近くです。市役所の出張所での会合時間を30分ほど間違えて、早く着いたため撮りに行ったものです。木の数が少なく絵になりませんので、花のアップにしました。

d0116653_14512076.jpg

桜はきれいで日本人が開花を待ちわびるのも判ります。

d0116653_14513899.jpg

ぶどう棚の天井部分が壊れたのは、支柱の間隔が広すぎるためでした。このため、次の爆弾低気圧が来るまでに(5月末頃まで可能性があります。)補強することにしました。300本ほどあり、気が遠くなりそうですが仕方ありません。

d0116653_14515526.jpg

ぶどう園にはいろいろな来園者があります。ちょっと時期が違う気もするけど、バッタですね。

d0116653_1452689.jpg

12日に、近くの大帯姫八幡宮の写真を撮りに出かけました。日積に建設される都市農村交流施設の情報コーナーで使用するための写真です。この後、棚田の写真など年間を通して撮影する予定です。
[PR]

# by grmay6 | 2012-05-28 15:47
2012年 05月 12日

3月の写真 24.3.8-31

d0116653_22521388.jpg

4月3日の暴風被害の復旧や棚の補強作業に追われる毎日が続いています。ブドウの新梢は平均で30から40cmくらいに伸びてきました。虫や病気との闘いは始まっています。

4月21日に友人の息子さんの結婚式でスナップ写真を撮ってくれと頼まれ撮影しました。式場と披露宴会場の室内照明下でのスナップ写真は始めてで難しかったです。撮影後、照明光の色被りの修正などの作業も枚数が多くてけっこう大変でした。
さらに最悪なことにパソコンが絶不調で、最終的にOSの再インストールをしました。この作業で数日を費やしたため現像した写真を渡すのが大分遅れてしまいました。写真については喜んでもらえたのでやれやれでした。

そんなこんなで、今頃3月の写真です。
1枚目は8日、ぶどう棚の古くて錆びた針金を張り替えています。

d0116653_22522748.jpg

張り替えた後です。このような作業をしていたおかげで、4月3日の暴風で棚全体が壊れることは免れることができました。

d0116653_22541632.jpg

12日、たまにしか帰らない自宅裏の梅木を剪定しました。花のつき具合を見ながら剪定します。
ただ残念ながら、先日帰った際に見たら虫の食害で哀れな姿になっていました。今年は梅の収穫はできそうもありません。

d0116653_22542828.jpg

昨秋に鹿児島の友人が自家製の味噌を送ってくれました。3月まで開封せずに保管せよとのことでしたので、3月24日に開封しました。とてもいい香りでした、味も抜群です。

d0116653_22544464.jpg

ウサギの食害で大きくなれないブルーベリーに油粕を撒きました。この後、肥料袋でウサギ避けを設置します。

d0116653_22552539.jpg

ブドウの発芽促進のために、メリット青という液肥を芽に刷毛で塗布しています。作業する手の位置が肩より高いため、腕の痺れと痛みでどうもいけません。
そこで、お風呂のイスに靴を固定して身長を稼ぐことにしました。ありあわせのベルトで、靴とイスをねじ止めして固定しています。これでなんとか作業を終わらせる事ができました。

d0116653_22553819.jpg

3月下旬に娘たちが手伝いに帰ってきてくれるというので、頑張ってビニール張りを終わらせました。準備した作業台も活躍してくれました。写真を撮っていなかったので、最後の場所で撮影です。

d0116653_22555056.jpg

作業代に設置したビニールを紐で引っ張っています。風が少しでも吹いたらできないので、日の出とともに作業を開始し、風が出始めたら終わりです。普通だと9時前頃で終了となります。

d0116653_2256886.jpg

ビニールは張った後、爪楊枝を使って針金に固定します。その後、ひもを掛けていきます。遅い朝食の後の作業です。このビニール張りの作業は4月2日に終了しました。・・・翌日破れてしまいましたが・・

d0116653_22562095.jpg

畑は、なし園だったところを耕しています。野菜畑でなかったため、やせて硬い土です。植えっぱなしで手入れもしないのでこの有様です。
今度の13(日)14(月)で萩に行ってきます。強制休養日です。孫を秋吉台のサファリランドに連れて行く予定です。
[PR]

# by grmay6 | 2012-05-12 00:00
2012年 04月 19日

母の一周忌 24.3.10-11

d0116653_22342843.jpg

連日パイプの追加作業をメインに忙しい毎日を過ごしています。ぶどうの一番生長した芽は4枚目が展葉しています。発芽の揃いの悪い部分もあり、気をもんでいます。(この写真のみ4月19日)

d0116653_22344623.jpg

今日の写真は、母の1周忌のため3月10日から11日にかけて鹿児島の実家に帰った時のものです。土日で往復しました。高速は土日1000円は終了しましたが、新たに50%引きが始まっていて助かりました。
1枚目は10日朝方、霧島SAでのものです。ちょうど満月が霧島の稜線に隠れるところでした。

d0116653_2332490.jpg

朝早く着きましたので曽於市岩川の道の駅やごろうどんに寄り道しました。鹿児島の大隅半島は黒毛和牛の産地です。

d0116653_2235468.jpg

実家の周りを春を求めて散策しました。実家の周囲は田んぼです。

d0116653_22352114.jpg

真っ白な椿の花は清楚できれいです。ど真ん中の直球写真です。

d0116653_22353498.jpg

猫柳の花がほころび始めていました。

d0116653_22355485.jpg

稲の切り株のラインがいいですね。

d0116653_223668.jpg

田んぼと民家、近くに変電所があるため電柱が多いです。田んぼには牛の飼料となる草が植えられていて綺麗でした。
奥の先には霧島連峰が見えます。新燃岳はおとなしくなっていました。替わりに桜島の活動が活発なようです。

d0116653_22362144.jpg

れんげの花を見つけましたので、何とか写真になるようにと撮ってみました。

d0116653_22363461.jpg

この田んぼは緑が薄く、稲株のラインが目立っていました。
[PR]

# by grmay6 | 2012-04-19 23:12
2012年 04月 15日

2月の写真 24.2.3-29

d0116653_2142321.jpg

現在、棚の修理と補強作業に追われていますが、いよいよぶどうの発芽が始まりました。今シーズンは、昨年同様棚の修理作業で始まるとは思いもしませんでしたが、ぶどうの発芽を見るとわくわくします。昨年の失敗を糧に、より美味しいぶどうを作るように頑張ります。(この写真のみ4月13日)

d0116653_21422141.jpg

ブログの方は遅れていますので、とりあえず2月分をアップしてしまうことにしました。
2月3日の朝はこの冬一番の寒波で、-8.1℃まで冷え込みました。薄っすらと雪景色となりました。白い雪は南天の赤を引き立てます。

d0116653_21423451.jpg

雪景色のぶどう園です。

d0116653_21431720.jpg

2月5日、剪定などの作業が終わりましたので、昨年壊れて応急修理のままの棚の修理と全面的な補強作業を開始しました。写真は運搬車にセットした半鋼線(12番の太く硬い針金です。)で、棚の縦横に張られた針金を交換又は追加で補強していきます。

d0116653_21433035.jpg

たまにすすける犬達です。ゴミ焼却用のドラム缶にいいものがないか点検したのです。今日はまめが点検したようです。

d0116653_21434192.jpg

プレハブ倉庫の裏に毎年ふきのとうが顔を出します。寒くともちゃんと芽を出して季節の移ろいを教えてくれます。(2月12日)

d0116653_21435653.jpg

ちょっと開きかけたふきのとう、てんぷらなどでもいいですが、いただきものの味噌で佃煮風にした物は美味しかったですね。

d0116653_21441756.jpg

3月半ば過ぎに娘達がビニール張りの手伝いに帰って来てくれますので、その時に使う作業台を作っています。

d0116653_21443314.jpg

横幅300cmと270cm、長さ100mのビニールをいかに効率的に張ることができるか考えて作っています。

d0116653_2145864.jpg

2月29日の朝は昨夜からの雪が残り積雪となりました。べちゃべちゃの重い雪です。昼には解けてなくなりました。

d0116653_21452126.jpg

ぶどう園の雪ですが、寒波の時の方が寒かったですね。

d0116653_21453383.jpg

せっかくの雪なのでいろいろ写真に撮りましたが、ぱっとしたものはありません。

d0116653_21454575.jpg

寒さに強い犬達は嬉しそうです。せんのすりすり、気持ちいいのでしょう。

d0116653_21455840.jpg

「少年の日の忘れ物」かな、文才がないのでぴったりのキャプションを思いつきません。
[PR]

# by grmay6 | 2012-04-15 22:35
2012年 04月 06日

爆弾低気圧 24.4.3

d0116653_22313871.jpg

ブログはやっと2月に入る予定のところ、急遽4月3日の春の嵐を先にアップします。

3月18日まで作業していた、ぶどう棚の修理と補強を見切り発車して、19日からビニール張りを始めました。年に一度の大仕事です。まだ暗い時間に起きて明るくなる6時頃から作業を開始し、無風状態の続く限りビニールを張っていきます。8時から9時頃になるとそよ風が吹き始めますので、ビニールの展張作業は終了。遅い朝食の後、ビニールに紐を掛けていきます。

この作業は朝でも風があるとできませんから4月2日にやっと完了し、一息つきました。次は棚線やアンカー線の追加、枝の固縛などの作業が続きますが、なんとかなるでしょう。・・・という予定でしたが、3日の爆弾低気圧による春の嵐で大幅に予定変更です。

悪いことに、強風で起きた朝一に、右手中指がばね指でロックされてしまいました。1枚目の携帯写真のとおりですが、15分くらいでロックが解除され助かりました。いずれ、暇になったら手術になるのでしょう。

d0116653_22315169.jpg

暴風下のぶどう棚の連写4枚です。
私の棚は、横幅3mと2.7mの2種類のビニール(ビニールと称していますが、農ポリです。)を張っています。写真は2.7m幅の棚です。ビニールはかまぼこ状になりますが、その骨になる太い針金をトンネル線といいます。全長30~40mの棚に、トンネル線を50cm間隔で設置しています。斜めの黒線は固縛用のハウスバンド(紐)です。

d0116653_2232278.jpg

写真左側からの強烈な西風で棚が上から押しつぶされています。この日は、終日強風との戦いでへとへとになりました。右側のトンネルはペチャンコになっています。左側の棚の曲線は曲がったトンネル線で、ハウスバンドの線は少ししか見えません。

d0116653_22321646.jpg

これほどの押し付けだと、ぶどうに芽が出ていたら大きな被害が出るところでした。(昨年は4月30日の強風で棚が壊れてしまいましたが、この時はぶどうの芽が伸びており沢山の新しい芽が折れてしまいました。)
この時期の爆弾低気圧による暴風は長時間続きますので、台風よりたちが悪いですね。ちなみに今回の柳井観測所(標高3m)での瞬間最大風速は24.6mでした。ここは標高100mですのでもっと強かったのかも知れません。

d0116653_22322721.jpg

トンネル線は復旧力があり、元の形に戻りますが、さすがに一方向からの強風が続くと変形してしまいます。今回は、棚線を新しい針金にしていましたので、棚線が切れるということは防げましたが、上からの押し付けがきつく、棚上部のトンネルを固定している針金が、支柱に固定されている部分で切れてしまい、ビニールも破れてしまいました。

せっかく早めにビニール張りが終了した翌日にこの強風ですからがっくりです。またしても予定外の棚の修理と補強作業が発生してしまいました。なかなか楽はさせてくれません。5月中旬頃まで、後3~4回の強風を覚悟していますが、それまでに補強まで完了させられるかな、無理だろうね。
[PR]

# by grmay6 | 2012-04-06 23:33
2012年 03月 23日

1月のぶどう園 14.1.26-31

d0116653_20452236.jpg

例年なら冬の季節は雨が少ないのですが、今年は雨が多いですね。今日も終日雨でした。
3月19日から、ぶどう棚にビニール(本当は農ポリですが、判りづらいようですのでビニールと言っています。)を張り始めました。長女と次女が手伝いに帰ってきてくれたので、棚の修理が終わっているところから作業を開始しました。
棚の修理や補強は半鋼線の12番線(太く硬くて丈夫)を使います。工作するのに手を酷使するため、腕から手指にかけて過負荷となるためつらい仕事です。棚線の位置も肩より上になるため、高い位置で硬い針金を曲げたりすることの繰り返しです。作業中も痛みますが、寝た後、腕から手にかけての痺れと痛みで夜中の3時から4時頃に目が覚めますので、起きて温シップをします。
棚の補強が全て終了するまで4月半ばまでかかりそうですが、それまでは硬い半鋼線相手の作業が続きます。ただ、この作業が終了して、棚が強風に耐えれるようであれば、来年以降この作業から開放されると期待しています。(来年からは楽勝だ~。)
さて写真の方はまだ1月です。今夜は1月分を全部アップします。最初の1枚は、
1月26日寒波襲来の朝です。最低気温は-6.8℃でした。凍結防止の付いた水道蛇口の下に張った氷です。

d0116653_204534100.jpg

水道の凍結防止用の水が落ちるところで、せんが水を飲んでいます。1枚目はこの左下付近です。

d0116653_204546100.jpg

山口県南東部の瀬戸内海に浮かぶ周防大島にある、大島商船高等専門学校のキャンパスでの写真です。起業家を支援する講座を開講しており、いろいろと世話になっています。

d0116653_204638.jpg

上の写真の細部ですが、何の実でしょうか。面白い形です。

d0116653_20462927.jpg

1月28日にぶどうの剪定が終了しました。剪定後はこんな感じになります。上手に管理して育てると左右のバランスが取れて枝の欠損部もなく綺麗なんですが・・

d0116653_20465014.jpg

剪定終了後、棚の上部からの写真です。かまぼこ状の太い針金がトンネルと呼ばれる物で、これを取り付けるために、12番の半鋼線が縦横に張り巡らされています。修理の作業は、この針金を交換又は補強するものですが、そのためにはこのトンネルをいったん取り外さなくてはなりません。
ぶどうの木の周りには、緑肥植物のキカラシ(アブラナ科の植物)の種を蒔いています。緑の帯がそれです。

d0116653_2047256.jpg

トンネルは50cm間隔で設置します。棚の長さ1列35~40mくらいなので70~80本が41列ですから3000本以上のトンネル数になります。

d0116653_2048193.jpg

1月29日に残念ですが、3年間で一度も目標糖度に到達しなかったぶどうの木に見切りを付けて切ることにしました。新しい苗木を植えつけることにします。

d0116653_20481615.jpg

根も長く張っていますので、肥料分などの管理は大丈夫でしょう。不合格は75本中1本だけだったのでよしとしましょう。

d0116653_2049550.jpg

せんは昨年10月に10歳になりました。最近左目を痛めて病院に行きました。よく見たら白内障も始まっているようです。まだまだ元気にしていてもらわないと困ります。

d0116653_20491731.jpg

1月28日から柿の剪定を始めました。剪定前の愛宕(渋柿)です。

d0116653_20492879.jpg

剪定後です。判りにくいですが、剪定するのは上方か下方に伸びた枝、クロスした枝、込み合っている枝等です。

d0116653_20494388.jpg

柿畑の諫早(甘柿)の剪定前です。りんごや柿など果樹は矮化で育てるのが一般的で、昔のように大木にはしません。

d0116653_2050296.jpg

柿畑の諫早(甘柿)の剪定後です。柿や梅など、剪定の基本は同じです。
[PR]

# by grmay6 | 2012-03-23 22:18
2012年 03月 13日

ぶどうの剪定 24.1.14-25

d0116653_22132469.jpg

本来ならば、まだまだ余裕の頃ですが、去年の負の遺産である棚の修理にてこずっています。早いぶどう畑ではビニール張りが始まりました。早く棚の修理を終えなければなりません。
でも忙しい時に雨が多いです。土日で鹿児島に帰ってきました。(母の1周忌)
作業は、棚の針金の交換などですが、肩より高い位置で硬い半鋼線を曲げたり切ったりする作業で、肩はパンパンになるし、手はしびれるし、指はばね指で大変ですが頑張るしかありません。

とりあえずブログの更新だけでもしておきますね。写真は1月のものです。ぶどうの剪定作業の時のものです。1枚目は一芽残しで切っています。

d0116653_22134279.jpg

2枚目は2芽残しです。基本は一芽、隣りに芽がない場合は2芽残しでカバーします。
切る位置は次の芽の位置(犠牲芽剪定)です。芽の枯れこみを防ぐために芽から一節離して切るということです。

d0116653_2214932.jpg

気の早いモグラがいるようです。

d0116653_22142627.jpg

この枝は枯れこんでいます。けっこう枯れこみが多いですね。

d0116653_22144211.jpg

この写真は、主枝に芽の欠損部が長くなったためバイパスの枝を持ってきています。育て方がヘタだとがたがたの木になってしまいます。
[PR]

# by grmay6 | 2012-03-13 22:40
2012年 02月 25日

お散歩ネット福岡写真展 1.15-16

d0116653_2153152.jpg

今日、ホーホケキョという鳴き声を聞きました。
この冬は寒いですが、季節は春に向かっていて2月になると、蜘蛛などの虫を見かけるようになり鳥の声も聞こえるようになりました。太陽の光も強くなり、風のない穏やかな晴れの日は春が近いことを感じます。
農作業の方は、ぶどう棚の修理・補強作業中です。来月の半ばまでに終わらせておかないと、ビニールを張る作業が始まってしまいますので、忙しくなりました。
夜は青色申告の作業に追われて、ブログのページを開く余裕がありませんでした。税金はまだ払えませんという申告ですが、こまめな作業をしてこなかったために苦労するはめになりました。
写真は、参加しているデジカメのお散歩ネットの写真展が福岡市美術館で開催されるため、その準備と初日の立会いのため博多に行った時のものです。
前日の夕刻に出かけ、到着した博多駅でツバメに会いましたので撮りました。

d0116653_215437.jpg

博多の那珂川の夜景、私は鹿児島の出身ですが博多には縁がありません。

d0116653_21545278.jpg

16日に展示の準備作業を行いました。結果的に多くの人に見ていただき嬉しく思っています。

d0116653_2155542.jpg

夕方、打ち上げ会場へ移動中の写真。歩いていても何が写真になるかピンとくるかどうかがセンスを問われるところです。

d0116653_21551815.jpg

博多駅前は九州新幹線効果もあり、これまで天神に遅れを取っていたのを挽回したようです。
[PR]

# by grmay6 | 2012-02-25 22:33